聖書の暗号もどき紹介

一定の間隔の文字を拾っていくと意味のある単語になるという等距離文字列法というアナグラム遊びスクリプトです。javascriptで作っています。重いです。遅いです。 ちなみに等距離文字列の発見のきっかけになったのは、最初のTの文字から50文字の間隔をあけてTWRHという文字列が出現することだったらしい。

ヘブライ語は22文字のアルファベットで母音も無いので簡単に意味のある単語をマッチさせられる言語構造になっていて、母音も含めて49文字の仮名よりも意味のある単語が出現する確率は高い(らしい)。

スクリプト

最初に数メガくらいあるテキストデータを食わせるのでナローバンドな人はご注意ください。キャッシュに溜まるとまあ普通です。Mozillaだとかなり遅くなるようです。

聖書の暗号もどき (激重注意)

コメントをどーぞ



CategoryJavaScript CategorySoft


|New|Edit|Freeze|Diff|Backup|Attach|Copy|Rename|
Last-modified: 2009-11-21 (Sat) 09:36:12 (3911d)
HTML convert time: 0.033 sec.