2013年6月25日この問題は完全に修正されました。この問題の解決策を探して当ページにたどり着いた人は2.8.6以上にアップデートしてください! と思ったが、Windows版2.8.6には別の不具合(起動時にプラグインを毎回スキャンする)があり、これはまだ有用かもしれないのでしばらく置いておく。アップグレードは自己判断でしてください! 2013年11月吉日この問題は本当に修正されました。Windows版2.8.8以上

以下過去の経緯

Gimp2.8でオプションの表示が消える問題

この問題は、GtkSpinButton(スピンボックス)やGtkTextView(テキストボックス)などのオプションの項目が、再描画されないという問題で、個人的には別に消えてもだから何?程度で、対処方法も環境変数にlangを変えるだけで簡単だし、まあいずれ直るだろうと放置していたわけですが、8.2.4なっても直っていないので、なんとかすることにした。~

とりあえずバグレポートを読んでみる

従来の解決方法

環境変数でLang=enする。

解決しようとする課題

従来の解決方法ではLangを使うほかのアプリケーションへも影響を及ぼしてしまう。環境変数のスコープを限定するためにバッチファイルに環境変数を設定し、そこからGimpを起動する方法もあるが、この場合はxcfファイルの関連づけからGimpを起動する場合に対応できない。環境変数を使った方法は帯に短し襷に長しな暫定的な対処療法なので、環境変数を設定せずにバグを修正することが必要だと思われ。

課題を解決するための手段

libgtk-win32-2.0-0.dllのプロパティ

そもそもの原因は、これはgtkのバグで、なんと2.24.14ですでに修正されています(何もすることがない)。しかし、Windows版Gimp2.8.4のインストーラでは、gtk+のバージョンは2.24.10のままです。ちなみにGimp2.8.2のときもgtk+2.24.10でした。要するに、gtk+を最新版(現在は2.24.16)に置き換えればいいだけです。簡単です。

実施の形態

まず最初に安直にバイナリの配布物を探してみたが見つけられなかった・・・ orz
gtk+のダウンロードページでも古いバージョンのバイナリしかなかった。しかたがないので・・・自分でコンパイルをすることにした。32bit環境(mingw32)は何の問題も無かったが、64bit環境(mingw64)でのコンパイルは依存関係の罠が多く、何時間も格闘した末gtk+のコンパイルを通すことに成功した。

参考文献

完成物

インストール方法

C:\Program Files\GIMP 2\bin\ の中のlibgdk-win32-2.0-0.dlllibgtk-win32-2.0-0.dllを置き換える。

以上です。

コメントをどーぞ



CategoryGimp


Attach file: filegtk2.24.10.png 1132 download [Information] filegimpbug.png 792 download [Information]

|New|Edit|Freeze|Diff|Backup|Attach|Copy|Rename|
Last-modified: 2013-11-13 (Wed) 07:21:07 (2052d)
HTML convert time: 0.063 sec.